Open Site Navigation
コンサイド ロゴマーク
Image by Hannah Busing

JOY SERIES

Joy Links

災害時ボランティアセンター 運営支援システム

​JoyLinksはボランティアセンターはもちろん参加ボランティアにとっても効率よくスムーズなセンター運営を実現します。

システムの特徴

01.

特別な機材を必要としない

WebアプリなのでスマホでもPCでも使用可能

02.

スマホを多く利用した運用

ボランティアも運用側もQRコードを活用して運用

03.

広域災害対応を前提に開発

専任者や支援チームがいなくても簡単に運用可能

04.

運営をボランティア主体に

センター運用の多くをボランティアに任せられる仕組み

05.

災害を定量的に可視化する

ニーズの件数だけでなく、ニーズの量や傾向を数値化

System Feature

運用の特徴

Management Feature

支援ボランティアが受付に200名殺到しても「運用担当ボラ」を例えば5人選出して、運用IDを渡すことにより「運用担当ボラのスマホ」で<受付スキャン業務>を​複数人が同時に処理することができるので、スピーディーな受付処理が可能です。

被災者からの支援依頼を複数のPC等で同時にニーズ入力することができ、リアルタイムにニーズ一覧表示されます。マッチング担当は一覧からニーズ票を印刷し、複数案件を並行してボランティアを募り「運用担当ボラのスマホ」で<マッチング処理業務>を行い、同時並行処理で効率よく出発させることができます。

 

その他、資材の貸出返却管理・支援ボランティアの作業報告などスマートフォンを使用したオペレーションが可能ですべての業務を​効率よく運用・管理することができます。

CONTACT

システムに関するお問い合わせはこちら

Feature

土地勘のないボランティアでも郵便番号から住所が自動表示され、番地のみ入力し確認ボタンを押すと地図が連動表示されます。​必要事項を確実に聞き取るためニーズヒヤリングのバラツキを防止します。​派遣人数や稼働予測時間を入力することで​ニーズごとの作業量を時間で可視化します。

発災時は復旧支援

ボランティア活動の

​募集からセンター運用支援

平時は一般的な

​ボランティア活動の

募集から運用を支援

モード

​切 替

Joy Links システム

Feature

ボランティア活動への参加は、全国の活動募集状況を確認して新規登録した上で参加日を指定し​​事前予約を行います。

Point

災害時ボランティアセンターの支援活動に​事前参加予定が入力されることでセンターは日別にボランティアの動員予定を確認することができるようになります。

Feature

QRコードを読み取ることでボランティアの受付管理が​​行われ事前予約の有無受付・出発・帰着時間が​自動的に管理されます

How To Use

使用方法

Process

支援ニーズの受付処理

被災者からのニーズは画面に沿ってインタビュー形式で即時入力します。

Display

支援ニーズの一覧画面

マッチング担当者は一覧表からニーズ票の印刷を行い、ボランティアを呼び出します。また、一覧ではニーズごとに印刷・出発・報告・​帰着と状況がリアルタイムに管理されます。

Feature

ニーズごとにマッチングされた​ボランティアが管理されます。

Layout / Operation

ニーズ票レイアウト

マッチング作業

ニーズ票のQRコードとボランティアのスマホで表示するQRコードを読み込むことでマッチングが完了します。

Feature

ボランティアはMapQRコードをスキャンすることで​地図が表示されルート情報や距離を確認できます。

Material Management

資材貸出管理​

資機材・貸出

資機材管理はラベルを発行し、貸出資機材に添付します。また、資機材・貸出はニーズ票QRと資機材QRをスキャンして貸出完了となります。

Feature

資材返却時は同様に返却資材のQRコードをスキャンすることで完了となります。

Activity Report

活動報告及び帰着

作業が終了したボランティアは作業報告を携帯から行い、帰着処理を行うことで作業完了となります。

報告項目内容

1. 作業が完了か継続かを選択

2. どの程度の残作業があるか

3. どの程度の人手が必要か

4. 引継ぎ・連絡事項の記載

5. 現場写真の添付(機能追加予定)

継続となったニーズに関しては枝番管理され、翌日のニーズとして自動追加されます。

報告処理が完了した段階でチームのボランティア全員にありがとう」メールを発信します。